日々の気づきの最近のブログ記事

ちょっとしたことがきっかけで長男に

「中学卒業までに1億稼げ」

というミッションを出した。
先日テレビではロシアの10歳の女の子
がユーチューブ年間10億稼いでいるの
こと。
また先日軽く社内に回した本でも
1000円稼ぐの簡単で1億稼ぐのは
難しいというのは勝手な思い込み
という件があり、確かにそうかもなと
思い、それ以外にも複合的に思うことは
あるが、そんなこんなで出してみた。

長男は基本的に素直で賢く、だけど
ちょっと頑固。やれと行ってもやりたくな
いことや自分が楽しくないことはやらない。

アオアシは読まないし
キャプテン翼も読まない。
進研ゼミもやらない。
今月中に100キロ走れは、やってる。
点数が取れない勉強はやってる。
サッカーの練習もやってるフリ的にやってる。

前提はこんな感じで、どうやら今回のミッ
ションは乗り気なようで、自分なりに調べて
中学生で月収1000万稼いでいる人をネットで
見つけてきた。

中学生で年収1000万ってすごい。
でもきっとこういった高額年収の低年齢化
は進むのかもしれないと思った。
お金を稼ぐということが、実はそれほど
難しくなくなる時代が来てるのかもしれない。
いや来ているんだろう。

本気で取り組めば誰でも稼げる時代なんだ
ろう。ただこの本気というのは自分なりでは
なく、世の中的になので、自分では頑張ってる
けど稼げないというのは違う。

そしてその先の世界を考えるとお金問題を
解決した人が溢れてくる。そしてお金で
なんとかなることはなんとかしていく中で
なんとなくお金ではなんとかできない世界
ができてくるのではないか。

というか既にある。
たとえば
・名門のゴルフクラブの会員権はお金で買えない。
・パテックの人気銘柄は購買実績がないと予約
 さえできない
・人気のレストランは人のツテがないと予約でき
 ない

など。
となるとお金というものの価値はその「何か」
よりかは下な訳だ。
そしてその「何か」はきっと信頼だろう。

先日弊社の竹嶋がロボットのデザイン提案を受注
させていただいた。金額は大したことはないが
お金ではない何か=信頼を勝ち取ったからこそ頂
けた事例の一つと言える。

そして信頼を勝ち取れた人はお金も集まってくる。
お金だけでなく人も集まってくるだろう。

長男が1億稼ぐためには、どこかで稼ぐことに
本気にならないといけない。そして本気になる
とサッカーも勉強も本気になれる。

本気になれたらきっと信頼が付いてくるだろう。

私も本気でビジネスもゴルフもまたそれ以外も
取り組んでいきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「プラス発想」1360
たいていのことは、良い方に考える

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
コロナも良い方に考えます。

ヤンキー漫画が読み終わってしまったので
以前竹嶋さんに教わった

「ゾンビになるまでにしたい100のこと」

を読んでみたら面白かった。
世界がゾンビ化していく中で、自分が
ゾンビになるまでにしたいことを書き出し
一つずつ達成していくというストーリーだが
この漫画が何を言いたいか明確でいいなと思
う。

漫画の設定はゾンビ化が進む世界だが、おそらく
ゾンビ化というのは極端な話で、仮にゾンビ化
していかないとしても「ゾンビ」を「死ぬまでに」
に変えたら、誰でも当てはめることができること
になる。

そして漫画の中では「ゾンビ化」も迫っているが、
現実世界では「死」が常に迫っているわけだ。

私も気がついたら49歳。
本当に20代の人に言いたい。
いやうちのガキたちにも言いたい。

気がついたら普通に50歳なんか行っちゃうという
ことだ。

きっと次にはたと気付くのはもしかしたら死ぬ寸前
の枕元かもしれない。

私も今年やりたいことリスト100は持っているが
死ぬまでにやりたいことリストは、実は作って
なかったなと思った。

せっかくコロナで世の中がゆっくりしているし
もしかしたらコロナで死んでしまうかもしれない。
そんな時こそ死ぬまでにしたいことリスト100を
作ってみようと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「プライド(1)」1358
今まで生きてきて培った人生観です。能力の
ない人ほど高いものです。恥をかくとつまらな
いプライドが捨てられる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
恥をかきます。
ちょっと某書籍のタイトルっぽく
題名をつけてみましたが、中身は
私のオリジナルの考え方です。

私の採用説明会、トップLIVEで必ず
伝えていることの一つに
社会人になったら

「サボるという選択肢を持っておきなさい」

と伝えています。多分そんなことを言う
採用説明会は私以外いないのではないか
と思っています。
意味は

・新卒採用で入社する会社は会社を見る力が
 ないから間違う可能性が高い
・間違って2年以内に退職してしまうと履歴書が
 痛む
・1年未満で2社以上転職していると、仮にどんな
 劣悪な環境の会社だったかは一切考慮なくその
 人は「すぐに辞めちゃう人」という烙印を押さ
 れがちで履歴書が通らなくなる
・入社した会社は2年は勤めてほしい。履歴書的にも
 本人的にも
・ただあまりにも環境が合わなくて耐えられなかっ
 た時退職してしまうのではなく、サボることで
 自分と履歴書を守っていこう

です。
20代前半のひとはまだまだ社会人として未熟なので
まあまあ会社を辞めたくなります。
今や課長になった某Kさんも散々辞めたくなった人材。
スキルがないまま、まだ社会人としての自覚も足りない
まま働くわけだから、クレームが来たり、催促されたり
で仕事が嫌になってしまい、辞めたくなってしまう。
だけどなんとか辞めずに成果を出し続け、いまや立派な
課長になっている。

辞めていたら20代前半は既卒扱いだから、1からやり
直し。3年目で課長になることはまずないでしょう。
それ以上に履歴書を痛めてしまう。

社会人になって大事なことは自分を一番大事にすること
であって会社に貢献しようとか、会社にためにとか考え
ることは間違っていると私は思っています。

そもそも新卒が頑張らないといけない会社ってどうなの?
と思います。

ということでトップLIVEではそんなことを伝えています。
それ以外にも社会人になる上で大事にしてほしい価値観
の話、します。

よかったらトップLIVE来てください。
弊社に入るかどうかは別にして(笑)。

学生にとって社会人になる上での考え方をもっと伝えてい
きます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「不満」1354
社長にもあるから、社員にあるのは当然です。
でも、不満を言い続けて大成した人はいない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
不満を改善点として変化させていきます。
今日は第80回環境整備点検だった。
結果としては、

東京はどちらも120点
大阪はどちらも115点

だった。
昨年から従業員が50人増え、東京は
1週間リモートワークを実施していたにも
関わらず、すばらしいと思った。

ひとえに東京の本部長、部長のリーダー
シップが素晴らしかったんだろう。

大阪は、まあ、後一息がんばりたかったね。

今は10年ぶりの不況の入り口。
組織としては臨機応変に、そして舵も
真反対に切ることさえある時だ。

危機意識のアンテナはたてながらも
みんなを守るために素早く動ける組織を
作っておきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「不都合な情報」1353
良いことはすぐに社長の耳に入ってくるが、
イヤな話はなかなか入ってこない。良い
ことは放っておいてもかまわない。イヤ
な情報ほど早く社長に報告する。そうしな
いと手遅れになる。報告すればペナルティ
はありません。

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
悪い情報をもっと吸い上げられる組織にします。
今日は古江さんと創業者サシ呑みでした。
あまりにもカロリー過多だったので、恵比寿
から新宿まで歩いて帰ってきました。
20代は、毎週のように原宿から渋谷、表参道
恵比寿、または代官山、そして中目黒まで
歩いていたことを思い出しました。

渋谷の明治通りは変化が激しく、ほぼ当時
の面影はないなと思いました。

そんな中で変わらないことといえば、渋谷
原宿、恵比寿は相変わらず若者のオシャレス
ポットで、21時といえども、これからが
本番とばかりに歩いている人がまあまあ
いるということです。

逆にいうとオシャレスポットであり続ける
ために変化し続ける必要があるんだろう
と思います。

先日のある場の公園で、登壇者が

「100年続く企業にするためには何回か事業
をピボットする必要がある」

と言っていたのが印象的だった。
渋谷も町全体でピボットしている。
弊社もどこかでそんなピボットを迫られる
時が来るんだろう。

弊社も生き残るために、変化し続け、100年
とは言わずとりあえず私の代で30年は続く
ところまではやり遂げられたらと思う。
それまでにピボットなのか脱皮なのかわから
ない変化なり進化なりはやっていきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「含み資産」1347
何と言っても、1番はお客様の数です。
2番が社員教育、3番が土地と定期預金です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
お客様の数を増やします。




アクセスカウンター

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日々の気づきカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ