自宅での飯がうまい

今日は自宅で奥さんの作ってくれた夕飯を食べた。
いや、普通の夕飯だ。

鯖の塩焼き、茄子をそのまま焼いたもの、ご飯がすすむ
キムチ、味噌汁、納豆。ちなみにご飯なし。

うまい。

先日は次男が買い出しして長男がランチにスパゲッティ
ミートソースを作ってくれた。

うまい。

散々うまいものは食べてきたが、なんだかんだで自宅の
飯が一番好きだ。それが仮にインスタントラーメンでも。

外国に行くと朝ごはんから外食している光景をよく見た。
食べられたら誰が作っても一緒だろうと言う発想なのか
ただの文化の違いなのか。。

逆に自宅でのご飯に愛着があるのも日本の文化かもしれない。
どうだろ、私だけかな。

ゴールデンウィークはまたずーっと自宅でご飯を食べるわけ
だが、奥さんや子供たちのご飯を味わうと同時に私も1食く
らいは作って家族に貢献しようと思う(書いちゃった)。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「頑固」0257
歳をとったということです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
年下の話をよく聞きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/4000

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年4月30日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャージー牛乳プリンの勝算」です。

次のブログ記事は「見ているようで見てなかったかも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ