愛されキャラへのあこがれ

今日は同じ経営者仲間とお会いしていた。
彼は仕事は硬いが、プライベートはまあ
まあ適当で、多分そんなアンバランスな感じと
いつも楽しそうにしているところから
愛されキャラなんだろなと感じる。

プライベートを適当にすることはできないが
愛されキャラって憧れる。
自分が好きなようにやっているだけで、周り
はその自由さを認められ、彼なら仕方ないかと
どこか諦めとおおらかな気持ちで接せられている。

そしていつもニコニコしている。

多分私の場合はそこまでの愛されキャラにはなり
きれないかもしれないなと思う。

だけどニコニコはそれだけで大事で、棘があるよりは
笑顔で誰でもウェルカムな雰囲気の方が良いんだろう。

まだまだニコニコ師匠の次男の域に行っていない
ニコニコだが、愛されキャラ、ニコニコ師匠を
見習い、日々真似していけたらと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「会社人間」0197
最低です、家族を考え、社会を考え、そして会社の
ことを考え、バランスよく生きていくことが大切です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
今バランスが悪いところを探してバランス取ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3990

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年4月20日 22:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アマプラで三国志観始めました」です。

次のブログ記事は「フランクな人間でありたい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ