家族の在り方もダイバシティ

今日はまた子育てにかんしての専門家
さんを囲んで子育ての話から家族の在
り方について色々と話を聞く機会があ
りました。

貴重な機会、ありがとうございました。

子育て論に関しても学びがあったし
家族の在り方に関して、確かに夫婦の状況
でずいぶん変わるのかもしれないと改めて
刺激されました。

我が家はいよいよ長男が中学3年生、次男が
小学6年生と一つの転換期を迎える時期。

長男に関してはもしかしたら家庭を離れる
かもしれない時期(と言いながらいる可能性
もあったり(笑))。

子供とどう向き合うか
奥さんとどう向き合うか

奥さんと改めて話をしても良いなと思った。

どんな形にせよ、向かおうとする子供を
応援できる親でありたいなと思う。

これからもどこに向かっていこうとしているか
よく観察し夫婦で応援できたらと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「お願い」0166
無理・不可能を可能にするものです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
お願いしていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3981

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年4月11日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「淡路島へ」です。

次のブログ記事は「仕事嫌いが部長になった話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ