貢献したい欲求

青臭い話かもしれないですし、そんな
こと考えてそうにないと思われるかもで
すが、貢献したい欲求ってあるなと感じ
ています。

いやお金がいらないという意味ではない
です。

ただお金をもらったのに貢献できていな
かったらやっぱり気分良くない。

時間をもらったのに貢献できそうにない
と申し訳ない。

期待されたのに貢献できないと役立たず
感が申し訳ない。

きっと人間社会には合理性だけではなり
たたないところがあるんだろうなと思う。

もっと自分が貢献できるところはどこなのか
貢献できる側面をより増やして、貢献できる
ようになるにはどうしたら良いかまだまだ
考えていけたらなと思う。

決してお金はいらないという意味じゃないです。
いやほしいです。

でもタダでもらっても嬉しくない。

自分が勝ち取った感、貢献した感のお金が
欲しい。

もっと貢献できるようになります。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「お客様リスト」0149
会社の命です。最高の企業秘密です。常に
変化しており、そのメンテナンスが最も
重要です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
お客様リストの項目を増やすことと定期的な
メンテナンス、分析を計画します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3979

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年4月 9日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベンチャー経営者の風に当たる」です。

次のブログ記事は「淡路島へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ