楽しいこと楽しくないこと

組織をやっていたら楽しくありたいとつくづく
思う。だけど楽しいことだけじゃないことも
当然たくさんあって、だからこそ、楽しいことが
大事だ。

そして楽しいことをすることで楽しくないひとや
虐げられる人がでるのはもっと嫌だ。

どれだけ大きな組織になっても、どこかで虐げら
れている人に目を向け、サポートし、同じように
とまではいかないけど、組織の中で一緒に楽しく
やれる仲間でありたいなと思う。

仲間だからと言って戯れあうのや馴れ合うのも
違うし、数字や目標は目指してこそ、コミットして
こそ楽しい。

そしてそれは規模がどうであれ、ステージがどうであれ
そうありたいと思う。

もしかしたらそれが難しい方向に向かっていくときもある。
ただそうありたいと思うことはできるし、

「ありたい」

とおもうことがまずはじまるんだろうなと思う。
私も組織の一員だと傍観者でになりがちだが、組織のトップ
である以上、このありたいこそが私らしさであり、うちの
会社らしさでもあるので、それで突き進みたい。

突き進みます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「いじめ」0065
成績が良くなるといじめられる。でも成績が他を圧倒
するとなくなる。「出る杭は打たれる。しかし出すぎた
杭は打たれない」
(出ない杭は腐る、目立つ杭は抜かれる)

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
出過ぎた悔いになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3963

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年3月24日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界最強の企業」です。

次のブログ記事は「面接漫談」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ