強いサッカーチームのように

小学生年代、中学生年代の強いチームを見ていると
素人ながらにいくつか思うところがある。

・連携が良い


連携とは、

・お互いに声を掛け合う
・相手のことを知っている
・全員が司令塔の意識を持っている
・相互に干渉しポジションにこだわりすぎない
・相手への主観的な要求を伝え、自分の意図を
 伝え会えている
・その上で相互尊重がある

そして大前提で個々人が高いスキルを保有し
更なる成長やスキルアップに貪欲である。

これは結局サッカーだけでなく、経営陣でも一緒で
今のうちの会社では

・お互いにボールを譲り合い間を抜かれる
・相手のことに無関心
・誰かが指示をするだろうと放置
・相手を尊重しているようでいて自分の領域
 だけで生活
・相互に尊重できていない

という感じが垣間見える。
強いサッカーチームは

・みんな運動量も多い
・みんなが守備範囲が広い

今年に入り、経営陣が大きく変わっている中で
もう一度お互いにコミュニケーションを取り
相互干渉しながらも相手を尊重し、理解しあい
全員がトップ意識を持つ必要があるなと感じて
います。

そして私自身がちょっと遠くから見すぎていたかも
と思いました。

ということで新たに気持ちを刷新し、どんどん
やっていきたいと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「わかる」1398
簡単・単純にすることです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
簡単・単純にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3949

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年3月10日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気持ち「うぉ」切り替える日記」です。

次のブログ記事は「勝手に作っていた限界に気づく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ