変化対応力

今日はある会社から一つ提案を受けた。
以前ちょっとだけ利用していて、1年前
くらいに一旦契約をストップさせた。

そこから今の時代にあったサービスメ
ニューを作り上げ、今回提案をいただいた。

決して弊社に向けて作られた提案ではなく
最近のお客様のニーズに合わせてそのメニュー
ができたらしい。

それによって競争力が増し、うまく行き出し
ているんだろう。

コロナは終息しそうでいて、まだまだ未来が読
みにくいときだ。
そんな時にどんな変化対応をしていくか、
どんなお客様のニーズがあるか
そしてお客様のニーズに合わせてサービスを作
れるかが大事だなと思う。

弊社もある意味1サービス的なところがある。
11年間それで伸びてきて、今年も同じように
成長している。

それで良い反面、変化対応力はあまりなく、また
お客様のニーズをヒアリングする部分や、それに
あわせたサービスメニュー化は弱いと感じる。

次のなんらかの大きい世の中の変化には弊社も
巻き込まれることだろう。そして大きな打撃を
受けることだろう。

そんな時に大事なのが次の変化対応だ。
平時でも緊急時でも変化対応する力を磨けないだ
ろか。

そんなことを今日の提案を受けながら感じた。
そしてその変化対応を最も推進しないといけないのが
私だろう。

もっと私が率先垂範して変化対応を推し進めます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「礼」1377
失すれば敵をつくる。尽くせば敵さえも心を開く。
決して人を傷つける武器にしてはいけない

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
礼を尽くします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3943

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年3月 4日 22:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スペシャリストも働きやすい環境へ」です。

次のブログ記事は「裏方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ