スペシャリストも働きやすい環境へ

これまでコンサルは私や古江さんもやっていた
のでスキル基準を明確にして、手当をつけるこ
とができていたが、それ以外の技術職に関して
のスキル基準や手当が薄かった。

今まで無かったことで技術職が定着しなかったり
育成できなかったりしてきた。

しかしようやく古江さんが着手し、導入されるよ
うだ。
古江さん、ありがとう。
そして
実装を考えてくれたイトケンさんもありがとう。

これから何種類かの技術職をもっと活かせるように
技術を高めることで労働環境が良くなり、弊社にも
恩恵があるようにできたらと思う。

そしてこれがスタートであり、ゴールではない。
基準やルールや規定、ISOでもあくまでも運用
が大事だ。

ISO業界、いや例えばウェブ、例えばシステム、
プライベートで言うと靴だったり、鞄だったり

運用

という概念で考える人は少ない。
しかし運用こそ大事で、長期的に改善していく
近道だ。

ということで技術職の基準も定期的に見直し
して技術のISO総合研究所と呼ばれるようにします。
または運用を大事にするISO総合研究所かな。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「ルール」1376
仕事を楽しくするためのものです。縛るものではあ
りません 。ルールの正しさよりも結果の正しさが大
切です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
ルールをもっとみんなに理解させます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3942

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年3月 3日 19:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DX」です。

次のブログ記事は「変化対応力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ