4スタンス理論

今日はいつもお世話になっている徳丸さん
が始めたアスリートワークスさんに行って
きました。

京橋の片町の高架下に体幹を鍛える道具が
ガッツリ揃っていて、なんかそれだけで
体を動かした感ありました。

貴重な場所を見させてもらい、ありがとう
ございました。

そこで4スタンス理論を教わりました。
どうやら私はA1タイプのようで、内側の
筋肉を使うといいらしいと言うことまでは
わかりました。

自分でも感覚的にやっていたことも意味が分かり
納得です。

ビジネスでもスポーツでもなんでも自分を
知ることで、無駄な努力が減り、効率的に
自分が行きたい方向に行けるって大事だなと
思います。

大学受験でただ難しいテキストを読んでいて
失敗をした経験と大学院受験で過去問しかや
らなかった経験を思い出します。

50歳を前にしてさらに自分をもっとよく知ること
を今年は深められたらと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「能力差」1090
繰り返し行う学習の差です。努力の量の差です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
同じ学習を繰り返し行います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3884

コメントする

アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2021年1月 6日 00:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「入り口をどう作るか?」です。

次のブログ記事は「じわり決済の効率化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ