仕組みの歪み

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は上半期の甘辛調整、部門間調整があった
が組織の規模に対して仕組みに歪みができてい
て結果として時間通りに終わることができません
でした。

仕組みがあれば大丈夫という過信があったのかも
しれないと感じました。

弊社は多分仕組み化が進んでる会社と自負してい
ますがだからこそ仕組みが崩れた時に弱さがある
なと思います。

仕組み化するのはなんのためか
・それは誰でもが同じように仕事ができるようにす
 るため
それと
・仕組み化できない生産活動を最大化するため

だと思っています。
組織の拡大に合わせて仕組みの見直しをする
ことも今後は仕組みの中に入れないとなと思います。
それでも仕組みがあることでの問題は起こるでしょう。
それでも仕組みを構築し、より強かな会社になってい
けるようになれたらと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「シナジー効果」0690
ある活性化の条件を与えると、人でも
物でも相乗効果を起こして、一つ一つの
合計が全体よりも多くなることを言う。
1+1=3がこれで、新商品を出すことに
よって既存商品が伸びるような現象。

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
シナジー効果を考えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3795

コメントする



アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年10月 9日 23:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「竹岡さんと2年目コンサルたちにびっくり」です。

次のブログ記事は「心の鍛え方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ