資料にプライドを持っているか?

先週の金曜日の幹部会議、だーっていろんな
コメントが流れる中で唯一私の頭に残っている
のが

「資料にプライドを持ってもらいたい」

と役員の竹嶋さんが言った。
ほー!

良いこと言う。
竹嶋さんといえばビジネスの立ち上げ屋。
別会社を立ち上げ、ネクストを立ち上げた。
RPAとロボットは私が失敗させちゃった。

中途面接では

「ぼくねー、あのねーバーやりたいんすよ」

とのたまっていたので

「こんなところ来てないでさっさとやれば良いじゃんか」

と言ったのまでは覚えてる。
その後なぜか入社。
前職は某パセラの1店員だ。
体調が悪かったのでビタミンCの錠剤「ハイチオールC」
を頼んだが、なく、激しく私に怒られ、なんかビビられた。

今ではすっかりなめられている。
単価アップができないので古江さんに相談したら
飴ちゃんを包んで持っていったらと言われ、コンビニで
いくつかの飴ちゃんを小分けして、本当にお客様に
持っていき、気がつくと単価アップをどんどんして
新人賞。
翌年は社長賞。

竹嶋さんの現場ってどうなの?と思って品川の土地調査系
の会社に一緒に同行したらめっちゃまともな内部監査を
やっていてびっくりしたことを覚えている。

課長から部長になり、まあまあな感じでやっていたが
何処かの誰かにそそのかされ、ハラールのコンサルで
独立を一瞬考えた時期もあった。

その後、コンサルの部長が飽きたので勝手にマーケ
の部長になり、また数字をしっかり立てた。
でもマーケの部長も飽きた頃、別会社の立ち上げを
やってくれた。

そして去年はネクストというサービスを作り、今期
の成長にめっちゃ貢献している。
役員じゃなかったら社長賞候補だ。
いや他の役員もまあまあパンチ効いた成果出している
からなんともいえないか。

今は
・営業部の責任者
・某準備の窓口
・IT本部の責任者
・産学連携の窓口
・某新規事業を粛々と立ち上げる準備
・某先輩とのコンサル時の窓口、記録係り

と業務も多岐にわたる活躍をしてくれている。
唯一の弱点は部下の育成で、今回は営業部で
竹島さんの下が育つかどうかかなと見ている。
まあぶっ飛びすぎてるから、下がついてこれてない
のもあるだろうなあ、、、。

ということでたまには役員の竹嶋さんの紹介も
良いよね。ん?本題はなんだっっけ、まいっか(笑)

他の役員も紹介します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「コンセプト」0568
難しく考える必要はない。「狙い」と
置き換えるとよくわかる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
狙いをわかりやすくします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3770

コメントする



アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年9月14日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リプを長男から教わる」です。

次のブログ記事は「新ビジネスの現地調査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ