気持ち

今日は長男の試合を見に行ってきた。
U15で一学年上の試合だが、出させて
もらえてるようだ。

相手はJのヴィッセル神戸。
なんとか終了間際のコーナーキックで
同点まで持ち込んだなかなか見ごたえ
のある試合だった。

後半の残り20分からU14が減り(長男も
出され)、U15メンバーが出てきて、流れ
が変わった。

それまで1-3だったが、そこから2点あげて
同点だから、なんなら勝利に近い同点といっ
ても良い。

監督の良い采配や、相手の采配ミス、疲れな
どもあったが一番感じたのは入ってきたU15
メンバーの気迫だ。

長男を始め、U14メンバーの時は、なんとなく
受け身で相手が主導な試合だったが、後半残り
20分からは攻めっぱなしだし、球際も厳しかっ
た。
現にいくつかいらないファールがあったが、U14
メンバーの時はファールが出るような当たりは無
かった。

同じ学年、練習量もそれほど変わらない、違って
くるのは気持ちの持ちようだ。

なんとか防ごうと思うか
やったろ、やれるよ、これ

と思うかでかなり違う。
技術だけでなく、強い気持ちを持てるようになって
くれたらなと思う。

まずは私も強い気持ちを持って、ビジネスに取り組
みたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「気合」0321
技術の裏付けがないと、カラ回りになり
成果が上がらない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
気合の前に技術を裏付けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3719

コメントする



アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年7月25日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「静かなるドン」です。

次のブログ記事は「くら寿司の改善」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ