もっと深く、そして濃く

リトリートが無事終わり、帰宅する前に
ゼンシンさんの会社を見学。そしてその後
ランチをご一緒していただいた。
忙しいのにお付き合いくださり、ありがとう
ございました。

前田社長は私と全く違うタイプの経営者
で、そこがめっちゃ刺激を受けます。
口癖が

「感動価値創造」

めっちゃ語呂がいいし、中身もかっこいい。
このままパクろうかと思うくらい。
そしてこの言葉通り、会社にはたくさんの
感動価値創造をもたらしそうな恐竜の数々、
いや恐竜だけじゃない数々。

最近全く使えていない?使ったことがない?
感性をもっと使いたいなと思いました。

EO大阪には武蔵野とは全く異なる経営者が
多いです。全ての人を知ることはできませんが
もっと深く、そして濃く付き合える関係、そして
切磋琢磨できる関係を作れたらなと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「驚き」0188
同じレベルでないと共感できない。レベルが上の
人は、下に合わせて驚いてあげることです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
下に合わせます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3689

コメントする



アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年6月25日 21:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リスクを取る事業の主体者へ」です。

次のブログ記事は「なぜお客様との懇親会の報告が必要か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ