採用でのヒストリームービーの威力

事業会社化10周年の記念式典用に創業からの
ヒストリームービーを撮影した。
記念式典だけではもったいないので、人事が
人事LIVE中?前?に見せてるらしい。

そしてこのヒストリームービーがめっちゃ
学生に刺さっていると伊藤さんから聞いて
いた。

実際はどうなんだろ、あんまりお世辞は言
わないやつだけど、なんかちょっと担いで
るんじゃないの、イトケンさん、似合わない
ことしちゃって

と思っていたが、今日は最終面接でまざまざと
その力を感じることができた。
いや、シミジミかな。

志望度の高い学生、ヒストリームービーで
選考を進めてくれた学生ばかりだった。

私のヒストリームービーが凄かったら嬉しいが
実際はヒストリームービーは作りによって感動
を呼ぶんだろうと思う。

そして残念ながら感動を呼ぶヒストリーがある
のは私だけでなく、ほぼ全ての経営者にある。
それは創業者だけでなく、2代目、3代目でも
また創業とは違う苦労があり、ヒストリーがある。

ということは、採用を頑張りたい会社はヒストリー
ムービーは作ったほうがいい。
さらに

実はヒストリームービーは学生だけでなく、既存
の従業員にも刺さる。

経営者は誰でもある程度自信がある一方で、自分の
ヒストリーなんて誰も知りたくもないし、みたいな
謙遜があったりもする。しかし、それは経営者だけが
思っていることであって、おそらく大抵の人とは
全く違う人生だったりするんだろうと思う。

ということでヒストリームービー、作るのお勧めします。
20卒が優秀だという話を先日書いたが、21卒の意識の
高さはやばい!
こっちも煽られる。
19卒、18卒あたりまでやばいよ。いや課長くらいまで
かも(笑)。

来年からは採用も色を変えていくので、来年の色に合わ
せて色々と!作り直してな>イトケンさん

サポートしていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「わからない(1)」1610
教えるほうが悪い。教えかたが上手でない。
同じことを何回も栗化して教えることが大
切です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
同じことを何回も栗化し教えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3652

コメントする



アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年5月19日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自ら負けていく組織になりつつある危機感を持っているか」です。

次のブログ記事は「新しい街との出会い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ