withコロナにどんどん変化対応

アフターコロナの前に長引きそうなwithコロナ
をどうするかをどんどん行動すべきだと思って
います。

弊社では現場がどんどん動いて改良してくれてい
ます。

1.繋ぎっぱなしでコミュニケーション
部や課単位でズームを繋ぎっぱなしにすることで
コミュニケーション不足を解消

2.昼礼でストレッチ
昼礼では在宅ワークでの運動不足を少しでも解消
すべくストレッチが取り入れられました。

昼礼のコメントはミートのコメントで全員が入力

これまで東京と大阪と分かれていましたが、全社、
全員でできるようになりました。

3.甘辛調整もスプレッドシート共有
今日は半期評価の甘辛調整がありました。いままで
集まってホワイトボードでやっていましたが、今回は
スプレッドシートで評価を共有しながら実施

4.コスト削減キャンペーン
教わったコスト削減キャンペーンもビデオ通話で実施
クリティカルな指摘が出て有意義でした。

5.トップライブ、人事ライブ、最終面接もビデオ通話
採用活動も全てビデオ通話
21卒も昨日までで7人の内々定

6.ネットマーケティングが加速
今回の件とは間接的かもとも思ってますが、全社的に
ネットマーケティングやPR活動、ツイッター、
ユーチューブに積極的になってきたと感じています。
さらにもう一歩先の手を新規事業系と人事系で打つ予定

7.営業、訪問もビデオ通話対応
営業や訪問もお客様のご協力もあり、ビデオ通話で
させていただき、ハイタッチな遠隔訪問を実現し
通常の訪問よりも良いという評価をいただく場面
もあります。

まだまだ私が把握しきれないところで現場では変化対応
してくれていて本当にみんなすごいなと思います。

同時にきっとこれらの変化対応は環境整備と日頃の変化
対応、ジョブローテーション、四半期に一度のレイアウト
変更、毎月の課レベルの人事異動などの賜物だと思ってい
ます。

武蔵野に入って10年目。
10年前とは比べ物にならないしたたかな組織になれている
ことは確かです。

まだまだコンサル現場は改善の余地があります。

withコロナでのビジネスをどんどん突き詰め、アフター
コロナではもっと圧倒的な強さをつけられたらなと思いま
す。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「真似」1433
最高の創造です。
CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
成果が出ていることを真似します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3613

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年4月10日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビデオ通話の疲労」です。

次のブログ記事は「コロナで私生活も見直し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ