もしコロナ感染者が出たら?

コロナウィルスの脅威が強まっていますね。
そして身近なところでもコロナ感染者が
出始めたなと感じています。

日頃からISMSやISO14001では緊急事態対応
についての手順が整備されていることが求めら
れていますが、それらはコロナに耐えうるものか
どうか。

いや耐えられるものじゃないと思った方がい
いでしょう。

かくいう弊社もバタバタしています。
今急いでコロナ感染者が出た場合の対処を整備
し始めています。
念の為伝えておきますと今の所感染者は出ていま
せん。ただ出てからバタバタするのが一番良くな
いですよね。
ということでちょっと階層的に考えてみました。
もし抜け漏れがあればコメントください。

ーーーー
・内部への対応
 感染者への対応
 非感染者への対応
 検査する先の情報の伝達
  └東京
  └大阪
 社内の連絡網

・外部への対応
 お客様への対応
 関係各所への対応
  └保健所?
  └役所?
 入居しているビルへの対応

・社内の活動停止から復旧までの手順
 復旧するための条件
 復旧の対処方法

こんなところでしょうか。
あとはこれらに具体的な情報を記述していく
必要がありますし、経済活動自体はリモート
で対応する必要もあるので、その対応も
いるでしょう。
それらに必要な機械や通信手段、社内の
機器の移動など、、、

とりあえず社内で蓄積し、必要であれば
シェアできるようにします。

よし!やるだけ!
ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「平穏」1377
それでも嵐はやってくる。どんな人生にも
飛び越えなければならないハードルが必ず
現れる。逃げても逃げてもハードルが現れる。
CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
嵐に備えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3602

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年3月30日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もしかしてお金の価値はどんどん下落してる?」です。

次のブログ記事は「全社テレワークへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ