リスクヘッジ

今日は経営者仲間との会合があり、いろんな
経験シェアがあった中で私が気になったのが
事業のリスクヘッッジについてだ。

今日はまさにコロナウィルス関連の話題が中心で
打撃を受けている会社様もある中で、全く
影響を受けていない会社もあった。

おかげさまで弊社も今の所影響はないが、
リーマンショックの時に影響がなかった業界
でも影響を受けていたりする。

実際は弊社もわからない。リーマンショック
の時もその月は過去最高の月商だった。
弊社の規模、弊社の事業形態は影響を受けない
とタカをくくっていた。

実際は数ヶ月するともろに影響を受けて売上が
半減していった。あの時の様子は今でもよく覚え
ている。

なので弊社も今の所影響を受けていないがこれから
受けないとは言い難い。
そして影響を受けないビジネスにしたつもりだが
受けるかもしれない。

以前から考えているが、まずは一つの事業で成功
させる。
そして
複数の事業
複数の業界
複数の業態
複数の国

と分散していけるのが一番のリスクヘッジだろう。
例えば今は選択肢にないが

BtoCのビジネスを持っておくこともリスクヘッジの
観点からはもしかしたら必要かもしれないと思った。

とりあえず短期的な策は講じたが、中長期的には
複数の業界をまたぎ、複数の業態を持ち、複数の国で
事業が展開できるようにしたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「人間の差」1210
苦労の差です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
苦労をもっとします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3570

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年2月28日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お客様の育成という営業」です。

次のブログ記事は「底力を蓄えるとき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ