お客様の育成という営業

今日はある取引先との打ち合わせで管理職教育
についての軽めの営業を受けた。

管理職教育について課題を感じていたが、思考
として教育に向きすぎていたことをご教授いた
だたいた気がした。

教育に向けた体系として

・事業戦略:目標達成
・組織開発:文化熟成
・人財育成:リーダーシップ開発

とあり、人財育成だけを見てはいけないということ
がわかった。
事業戦略は考えたことがあるつもりだったが、実際
はどうだろうか。。。

組織開発。。。
ちょっとは教えてもらったらまだわからない。。。

確かに最近感じている課題の一つに文化熟成も
あり、そこも手をつけたいと思いながら何もできて
おらず悶々としていたところもあった。

まだよくわからないけどちょっとだけ未来の教育
をされたようで、今すぐ意思決定しないものの
いずれここは何らかの形でやるんだろうなという
気がした。

営業で言うところの

コップに水を注がれた

という感じだ。
今年はできないかもしれないが、早ければ来年には
ちょっとずつでも手をつけたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「人間性尊重」1208
一人一人に責任をもってもらうことです。ダメな
上司ほどなんでも自分でやる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
何もやりません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3569

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年2月26日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テレワーク推進」です。

次のブログ記事は「リスクヘッジ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ