スイス時計はアップルウォッチに駆逐されるか?

今日ラジオを聴いていたらアップルウォッチの
販売点数が3100万点、スイス時計が2100万点
ということでアップルウォッチがスイス時計より
も販売点数が多くなったニュースが流れていた。
出荷本数も減少傾向らしい。

知らなかった!

手に入らない時計が沢山あるのに減少傾向とは
びっくりです。
一方でスイス時計は出荷額は増加傾向らしい。

いくつかのニュースサイトではアップルウォッチの
優位性が書かれていたが、スイス時計を含む機械
時計はアップルウォッチに駆逐されるかと言われ
ると一切そう思わないのは機械時計に傾倒している
から?かもしれない。

多分無自覚に最強に熱狂しているゴルフもデータと
しては人口は減少傾向とのことだし。私の周りは
ゴルフ人口が増加傾向だから尚更

へー、そうなんだ

と実感がわかない。
人口減少も本当に実感がわかない。
だって何でこんなに保育園に入れないのに人口減少なの
と思う。その割に小学校もクラス多いし。

数年後はわからないけど高級時計とゴルフと人口増加
させてくれているうちの従業員と人口増加させてなくても
うちの従業員とを応援します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「なんとかしよう」1187
そう思えば、なんとかなるものです。
そうならないのは計画がないのと、
詰めが甘いからです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
計画します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3566

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年2月23日 22:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デポカップの惨敗」です。

次のブログ記事は「49歳の抱負」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ