無茶振りのその先

今日は意図せず?いや意図的に某所で無茶振り
を受けてきた。
なんか久しぶりに超えたなーって感じの振り
だった。しかも「NO」の選択肢がない。
「YES」しか積み重ねられない。

ちょっと具体的には書けないのですが、こういう
無茶振り、なんでも言い訳ですけど、仕事でも
プライベートでもその他でも何でも。

受けるかどうかって改めて大事かもなと思いました。
なんか久しぶりにハリがあるというか恐怖感感じ
ました。

ラスベガスでも軽くやったつもりでしたが、あれは
あんまりだったかもなと思っています。自分への
刺激が中途半端だった。

今回はちょっと吹っ切った振りになったなあと
思います。

でも
自分で呼び込んだところもあるんですけどね。
そういう意味では一点は突破したので、きっと
一点だけでなく全体的に突破が始まるかなと
期待してます。

良くも悪くもISO総研が10周年。
普通の10周年にするか次のステージに向けた10周年
にするか。それは私次第。

今日の出来事をきっかけに無茶振りのっその先に
突っ込み、行くところまで行っちゃえたらと思います。
行くところまで行く覚悟はできたのであとは

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「育つ」0965
一流は一流の中に入って育つ。一流の素質でも、三流
に入っては二流止まりです。イヤな思い、つらい思い
をしないと人は育たない。環境が大切です。社員は
社員によって、人は人によって育つ。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
成長する環境を整えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3526

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年1月14日 22:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「情熱フェスタin大阪」です。

次のブログ記事は「社労士のポテンシャル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ