世界に向けたビジネス

CES2日目は比較的ベンチャー企業よりのブースを
見ました。正直大企業のブースは圧倒されますが
それでおしまいという感じで、あんまりリアリティが
ありませんでしたが、ベンチャー企業向けブースは
深圳に住んでいる人のガイドもあり、非常に面白く
具体的にはわかりませんが、ポテンシャルを感じる
ことができるものとなりました。

1社は日系企業で規模は30人。創業2015年。
パジャマをIT化させたり、ウェアラブルなSIX PADの
ようなこのを作っている会社がありました。
2016年からCESに出展しているとのことで、びっくり
ました。

そして世界を意識しながらビジネスをしている姿は
素晴らしいことだなと思いました。

中国企業は荒削りながらも世界を意識して多くの
ベンチャー企業(中小企業)が出展している中で
日本のベンチャーの出展は今の所、その1社しか発見
できていません。

そういう弊社も決して世界に向けて何かを発信できて
いるわけではないです。

今すぐに世界に向けた何かを破れるかと言われると
難しいですが、また新たなテーマとしてCESに出展し
世界に向けて発信するビジネスを作ってみるのも面白い
かもと思いました。

世界への打ち出しを念頭に置き、ビジネスについて
考えていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「専門家(1)」0937
誰もがなる必要はない。いい人と知り合いになって、必要
な時にその人の力を借りれば、労力と時間が節約できる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
多くの専門家と知り合います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3520

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2020年1月 9日 16:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビジョンを唯一打ち出したTOYOTA」です。

次のブログ記事は「デザイン戦略」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ