教育の奥深さ

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は後回しになっていた教育に関する方針
をアセスメントしました。

そもそも社内で合宿をしようと思ったきっかけ
が教育に関する方針でした。

というのも採用をしても教育が行き届かない
ことに対して悶々としていて、対処的な教育
だけどPDCAがないことをどう共有したら
いいか困っていたからです。

今日で解決したかと言われたら教育の奥深さ
にみんなでやられて、撃沈したという方が
正しいかもしれません。

でも一緒に撃沈をしたことで来年に向けて
一つ石は詰めたのかもなと思いました。

スノーで遊んでるだけじゃないんです!

結局短期的に作り上げられるものではなく
直近に必要な教育を満たしながら少しずつ
教育の体系を作らないといけないことを
改めて認識しました。

なぜなら教育の体系づくりは緊急性はない
けど重要なことだからです。

今の悶々とした気持ちを忘れずに来年の
経営計画書では少しでも修正し、そして
来年の経営計画書アセスメントにつなげて
いきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「採用面接」0589
自分より優秀な人を採る。将来その人に食べさせて
もらえるようになるからです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
優秀な人を採用します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3456

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年11月 6日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営計画書は幹部と一緒に作ってます。」です。

次のブログ記事は「ブルーオーシャン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ