UBERで育まれるホスピタリティ

| コメント(0) | トラックバック(0)
もしかしたらホスピタリティーは日本のユニークな
優位性じゃなくなるかもなと思うことがありました。

ホテルからLAX(使ってる使ってる)向かうときに
UBERを使いました。
せっかく来たんだから海岸沿いを走りたいというと
運転手は了承し、わざわざ遠回りし、しかも時間が
かかるて海岸沿いを走ってくれました。

またサンタモニカやVENICEといった看板が正面から
見えるように運転してくれました。

UBERの料金確定が、乗る前だとすると、(竹嶋さん
曰く乗る前らしい)遠回りも看板が正面から見えるよ
うに走るのも合理性に欠ける行動です。

ただUBERはお客様が評価する仕組みになっているので
間接的には高評価やチップをはずんでもらおうと思った
ら合理性はありますが。

UBERはタクシー業界に革命をもたらすだけでなく、
日本人固有の差別化要素であるホスピタリティーでさえ
育んでしまうかもしれないと感じました。

アメリカでは本当にUBERが便利すぎます。

これからも海外に出ることで変化に気づき、日本で少しでも
自社のサービスに行かせたらなと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「教材」0391
問題が起きたときです。ケーススタディにする。
一番勉強になる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
問題をケーススタディにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3424

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年10月 6日 22:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「酔った勢いと虎の威を借りて」です。

次のブログ記事は「食べログもgoogleに駆逐されるのかな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ