父という存在

奥さんから夏休みのドリブル練習動画のラインが届いた
と同時に

「次男がいじけてやらない」

とメッセージ。
合間を見て電話し、次男と話をし、声かけをした。
長男にも声かけして協力してもらった。

家にいるとほぼ交わることがない子供達。
ユーチューブ見てるか、ゲームしているか、二人とも。

そんな時に父の存在はいらない。
娘はわからないけど息子たちとはそんな感じなんだろな。
一緒にゲームしたりユーチューブ見たりしたらまた違うん
だろうが。

そういえば長男の影響ですっかりBIGBANGの歌を覚えた
奥さんと次男。

父の存在はどうあるべきかを考えながら、時には
気の赴くまま、子供達と向き合えたらと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「安心」0054
手を抜き始め、物事がダメになる出発点です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
常に危機意識を持ちます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3362

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年8月 5日 21:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「eスポーツ」です。

次のブログ記事は「サブスクリプションとしてのノバ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ