もたれかかりやすい柵があったら人はどうするか?

新幹線の柵にもたれ掛けないでください

と新大阪駅のホームで駅員さんがアナウンスがあった。
まあまあ聞くこのアナウンス。
そして旅行者が多いときはさらに
多いアナウンス。

このアナウンスに違和感を持つのは私だけだろか

新幹線のホームの柵、めっちゃもたれ掛かりたくなる
形だなと思うのは私だけだろか

・もしこの柵が寄りかかれない形だったら
 寄りかからないだろう。
・もしこの柵が寄りかかったらグラグラ
 したら寄りかからないだろう。
・電流が流れたら
・警報が鳴ったら

そもそもめっちゃもたれ掛かりたくなる柵作って
おいてそれはダメて駅員さんがツッコミたいだけ
じゃんか!

会社のルールでもきっとそんなルールがあるんだ
ろなと思う。私が作っておいて、ダメ!て言ってる
けど実はダメ方向に行きやすいルール。

そろそろルールの見直しの時期。課長から上がっ
てくるルールへの違和感に期待します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「冒険」1388
飛躍ができる原動力です。小さな会社は一度や
二度はしないと大きくなれない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
冒険します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3305

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年6月10日 22:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社法がつまらない」です。

次のブログ記事は「千里の道も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ