真面目じゃなくていい、まるまるがあれば

今日はシリアルアントレプレナーの方への
トップインタビューに同行させていただ
いた。

代表が来る前に長年一緒に事業をやっている
ISO担当の方が人となりを簡単に教えてくださ
ったんですが、いわゆる典型的な人タラシ系で
不完全だけど人が集まり、お金が集まり、事業が
成長していくタイプでした(といわかった風に書
きましたが、あくまでも私がわかった範囲です。)

時間にはルーズで、ドタキャンやダブルブッキング
もかなりあるとのこと。

私も周りにもいます。
何もかも私の方がきっちりしてるのになぜか
ボソボソ話すだけで人気がある目が大きい人
とか、

いやーあのねーえとねーしか喋ってないけど
どんどん事業を作っていく人とか

ひたすら遊ぶようにしか仕事しない人とか

話は戻ってISO担当に

「そんな彼に人やお金がついてくるのはなぜだと
思いますか?」

とお聞きすると

「昔から唯一ぶれないのはミッションなんですよ。
ここだけはぶれないんですよ。」

とのこと。
きっとトップにとって本当に大事なことは
時間にきっちりしていることでもなく、マ
ネジメントができることでもなく、ぶれない
ミッションを持っていてそこに立ち戻って
これることだったり、それをみんなに伝えて
いけたり、何度も同じミッションの話をした
りすることなのではないかな

と感じました。
代表が来られてミッションの話を聞きましたが

「全部できてるわけじゃないけど幹部会議で
僕が話すのはだいだいミッションの話です」

とのこと。
私も経営理念や三精神を大事にしているつもりで
したが、まだまだだなと感じました。

みんなが大事にする前に、まず私がもっと経営理念と
三精神を大事にしていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「超一流」1058
物事の長所しか見ない人です。

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
長所だけに目を向けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3244

コメントする




アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年4月10日 20:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4年目で初同行、すいませんでした。」です。

次のブログ記事は「MKベンチマーク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ