規模や仕組みかされても融通がきく会社に!

長野で実家のサポートをしている中で死ぬまでの
暇つぶしをするには十分なお題をもらい、思わず
予定の新幹線に乗り遅れてしまった。

基本的には予定を過ぎた切符は無効で自由席しか
座れないが、JR東日本はどう対応してくれるかな
と思いながら窓口へ。

「通常は失効で自由席なんですけど、あとは
車掌の判断になりますかね。」

「じゃあ買い直します」

と言ったら

「いやあそれは、、、」

という感じだったので改札に回り
もう一度聞くと

「中で車掌に言ってください。席は空いてるので
座れますよ」

とのこと。
ということで無事次の新幹線に乗り東京に戻って
これた。
JR、新幹線、自動改札などは効率化、仕組み化の
最先端だろう。
そしてルールも厳しい会社だろうと思う。
だけど融通もちゃんときく。

思い出したが、新幹線は指定席やグリーン席で
乗り間違えても空いてる席に案内してもらえる。

まあそう考えたら融通がきくというよりも
乗り遅れた人への対応がしっかり仕組みに盛り込
まれているという方が正しいのかもしれない。

仕組みの完成度、ルールの厳守度、定型以外から
外れた時の想定は普段電車に乗っているだけで
勉強になる。

うちの仕組みもまだまだ作り込める。

どんどん作り込んでいきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「先手必勝」0934
負けない条件です。リスクも大きいが
成果の方がはるかに大きい。スピード
が大切です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
先手必勝を心がけます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3216

コメントする


アクセスカウンター

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年3月13日 19:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実践塾でのマイルール」です。

次のブログ記事は「人事を専任化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ