子の自立の敵は親かも

長男の送迎を極力しないことにして
1ヶ月経ったかどうかだが、ちょっと
行きにくいと送迎したくなってしまう
今日この頃だ。

Jグリーン堺は土日はまだ交通手段が
整っているので行きやすい。それでも
朝早いと大変なんだろなと思ってしま
う。

ただ心配とは他所に長男は気楽なもので
自分で用意し、自分で普通に帰宅した。

きっと親が心配するより子供はなんとも
なかったりして、むしろ気楽だったり
するのかもなと奥さんと会話した。

もうじきクラブチームの卒団式で

「卒団式を考えただけで泣けてくる」

という奥さんを私はまだ理解できない。
子供はいつでも自立できるかもしれないが
子供の自立を妨げるのは子離れできない親
だったりするのかもしれない。

長男でこんな感じなのに、次男も奥さん
は手放せるだろか(笑)

まずは長男を自立させるためにもっと自分
で行動させます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「紹介」0769
結果のいかんにかかわらず、ご紹介のお礼と
中間報告、結果報告をする。報告とお礼を
忘れると、二度と紹介していただけない

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーー 
中間報告と結果報告ができるようになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3185

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年2月10日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「就活の進め方も原理原則で考える」です。

次のブログ記事は「明治の前の元号は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ