就活の進め方も原理原則で考える

原理原則って好きです。
ものごとには原理原則があり、成功法則がある。
知っていると知らないとでは成果にたどり着く
速さや得られる成果が変わってくるんだろうと
考えています。

今日は大阪で情熱フェスタがあり、学生と就活の
進め方の話をしたので、私なりの考え方を書いてみ
ます。

ちょっと感想を書くと、今日は就活の縮図があったな
と感じました。その話はまた今度書きます。
今日は就活の進め方の原理原則について。

原理原則の一つに整理整頓(弊社で考えれば環境整備)
があります。

整理してから整頓する。
整理とは捨てること。
整頓とは定位置を決め、向きを揃えて物を置く。

だいたいそんな感じでしょう。
じゃあ就活の進め方ではどう考えたらいいか

まず整理
「こういうのはないな」という業務や会社や文化
を決めて見ない会社を決めること。
つまり捨てる会社を決めること、捨てる業種を
捨てること。

次に整頓で
自分が見たい項目を決め、受けた会社で並べてみる。
例えば

基本給、昇給、雰囲気、休暇、勤務地


とか。
大事なことは整理項目を増やし、整頓するときに
多くなりすぎないことだ。
これを整頓からやると多すぎて比較しにくくなるこ
とだろう。

学生の就活がうまく行くことを陰ながら応援しよう
と思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「賞」0768
努力が報われるのは、ほんの数パーセントの人でし
かない。しかし、努力しないで報われうことはない。
やらないことを決め、目標に向かって努力するしか
ないです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーー 
努力します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3184

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年2月 9日 22:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不純な動機を全開に活かす」です。

次のブログ記事は「子の自立の敵は親かも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ