道具は何のためにあるか?

道具は本来何のためにあるかというと
それは弱者が強者と戦うためにある。
または弱者の戦闘力を補うためにある。

ビジネスよりに言えば、スキルがない
人ほどツールに頼ったほうが安定する
し現場を乗り越えられるが、残念ながら
スキルがない人ほどツールを理解せず
使えていなかったり、使い方を知らなか
ったりすることがあるなと思う。

弊社でもコンサル現場をサポートする
ためのツールが多々ある。そして今年か
らは強力なツールも導入された。
運用はこれからだが、このツールをみんなで
使えるようになり、使い倒してこそだと
思っている。

私も経営者としてもっと成長したいし
もっと社会に良い影響を及ぼせる会社、
サービスを作るべくツールやサポートを
備え、使えるようにならないとなと思う。

自分をサポートするツール、人をもっと
開拓し使い倒します!

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「社内禁句」0730
できません。無理です。時間がありません。
わかりません。知りません。聞いてません。

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
社内の禁句にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3175

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年1月31日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実行計画の出来が良くなってきた?!」です。

次のブログ記事は「ダイバシティ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ