ビジネスはエンターテイメント

次男といちゃつきながら坂上忍と指原が司会の

「つぶれない店」

という番組をダラダラと見ていた。
ある特定のことに特化して儲かってるパン屋
パンの開業サポートで儲かってるパン屋
シスローの話
義剛のビジネスの話

などなど、どれも面白い。
ビジネスネタがテレビ番組になるということは
ビジネスは本来エンターテイメントなんだろう。

生活のための仕事はつまらない。
仕事というよりビジネス。
ビジネスはエンターテイメント

・こうやったら当って儲かるかも
・めっちゃニッチに攻めたら儲かるかも
・実はこんなに儲かってる
・実はこんな構造になってる
・裏側でこんなことしているから儲かってる

そんなエンターテイメントは経営者だけだ?
そうかなあ
コンサルって十分エンターテイメントにすること
できる職種だ。

内勤は?
いくらでも考え方次第でできるでしょ。

七つの習慣のインサイドアウトだよね。
インサイド
自分がどう働きたいか
自分がどうしたいか

アウト
だからどう行動するか

今年はみんなで仕事じゃなくビジネスをやり
エンターテイメントにできたらいいなあ。

ディズニーランド行くより会社に行きたくなる会社。

できるかなあ、、、

これもインサイドアウトだな。

ディズニーランド越えを目指します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「挫折」0596
人の心がわかって、部下と一緒に歩むことが
できるようになる。人間が育つチャンスです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
挫折を成長に活かします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3150

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2019年1月 6日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポジション体験」です。

次のブログ記事は「人生で最大かしたい活動は?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ