東京と大阪が揃わない

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日同行したKさんの経営計画書を見ると
あるべきものがなかった。
今日東京で同じように確認したら東京の
コンサルはちゃんとあった。

弊社の最終面接のやり方は武蔵野式だ。
だからといってどちらもきっちり同じ
やり方ができるかとなるとこれがそうは
いかないのが現実だ。

最終面接のスクリプトを揃えるだけで
3ヶ月かかった。

東京と大阪の交流は確かに課長以上で月1回
課長未満になると年2回だ。

違ってくるのが自然の摂理だろう。
全てが揃うべきかと言われたらコンサル現場
の仮説検証は違っていいが、ルールや手順は
揃って欲しい。

東京と大阪の違いを共有しルールと手順を
揃えていきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「共通の道具」0399
「経営計画書」と「仕事ができる人の
心得」です。社内教育のテキストで使
用すると全員が同じ価値観位揃う。

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
価値観を揃えるために共通の道具を
使用します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3118

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年12月 5日 21:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「器を広げる」です。

次のブログ記事は「新規事業ができちゃったかも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ