参加でなく参画

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日から夢合宿方針編に参加している。
経営計画書の方針を部長と一緒にアセス
メントし、現状把握と来年に向けてどんな
ことを盛り込んでいくか方向性を決める
合宿だ。

実習に入る前の講義で上野さんが

「参加でなく参画してください」

と言った。
この合宿に参加できるということは会社の
ルールブックである経営計画書を作ること
ができるということだ。
つまり自分がやりたいことはやり、やりた
くないことは止めることができる。

どの会社に行っても参加はできるが、参画で
きる会社は少ないだろう。

参画できる方が自分が求めている会社にして
いくことができる。

参加している部長陣は自分の理想の会社を描
いて経営計画書の各方針に反映してもらえたら
いい。

私はとりあえず報酬もらえたらだいたいいい(笑)。

各部長が参画して、よりみんなのための会社
にしてもらえたらと思う。

私はできるだけ口出さないようにします。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「形」0259
何か事を行うときに基本となるものです。
一番先に決めなければならない。内容か、
中身はあとから作っていけばよい。物事
の上達を速くするもの、成績が上がるも
のです。

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
形から入ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3090

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年11月 7日 22:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新大阪駅のイタリアンが流行らない理由は?」です。

次のブログ記事は「コンサル本部と管理本部の仕組みの格差」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ