安全という危険

ファブルという漫画を読んでいて過保護な
子の親を脅迫するシーンがありました。
読みながら、日本全体への協力は警笛だな
と感じました。

余談ですが、ファブルは従業員から紹介された
漫画です。素直が売りなので紹介されたらだい
たい手をつけます。よし!やるだけ!なので。

アムロちゃんもアレクサンドロスも聴いたし
破天荒フェニックスも読んだし、マージナル
オペレーションも読んだし。。
サッカーのDVDとか一本下駄とか買ってみた
り、広告に出てくるゴルフの本買ってみたり。

良いなと思うもの、ぜひいろいろ紹介してく
ださい。

海外に出ると日本の安全さや便利さに気づきま
す。そして

ああ、日本ていいなあ

と思って帰ってくるのですが、一方で

一歩外に出るとたくさんの危険があるのにそれを
知らずにのほほんとしていていいんだろか

と最近は思います。
そういう私もまあまあ過保護に育った方だと思っ
てます。過保護な育ちだとすぐに自分以外を責め
ます。自分がうまくいかない理由を自分以外の何
かのせいにする。
20代はずーっとそんなだったかもしれないなと思
います。

自分の子供は過保護に育てていないか?
過保護にしないようにしているつもりですが、多分
他から見たら恵まれすぎてると思われるかもしれま
せん。

うちの会社と一緒でメリハリがはっきりしているので
求められたら与えるけど、成果は求める

そんな感じで育てています。それでも過保護かな。
日本という安全な危険をはらんだ国でちょっとだけ
過保護から抜け出す方法は、早く自立させ、怪我を
させることなんだろうと思います。

「怪我をしながら怪我しない方法を学んで行く」

くそー、これもファブルっていう漫画のフレーズです。
売れてる漫画は言葉に力があります。

子供たちを早く自立させます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「意外な事実」0060
自分の思っていることと違うと拒否する。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
ゴルフが下手くそだってことを認めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3052

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年9月29日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「採用難をチャンスにできるか」です。

次のブログ記事は「ドメインを考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ