自分の息子のためから始まったビジネス

昨日はドクターストレッチでストレッチを
してもらいにいきました。

どうやらドクターストレッチは社長が自分の
息子のオスグッドの治療から始まったビジネス
とのこと。

ストレッチをしてくださったのが偶然店長で
してもらいながら色々と話を聞かせてくださ
いました。相当根掘り葉掘り聞きましたけど。

息子のオスグッドでストレッチと出会い、その後
大リーグで施術していた人をスカウトし、一般の
人向けに改良して始まったとのことです。

去年は新卒150人採用。中途は200人採用とのこと。

店長になる人はユーチューブで従業員にアピールし
投票で決まるとのこと。一方降格もあり、業績が
何ヶ月か連続で悪いとなるそうです。
今の所降格してから昇格できた人がいないとのこと。

ちょっと脱線しましたが、ビジネスでターゲットを
明確にするって大事だと思いながらターゲットのプ
ロファイルは

「大阪の建設業で50人程度」

みたいな曖昧な程度にしかしてこれてなかったな
と感じた瞬間でした。
多分ターゲットを明確にするとは

「固有名詞」

なんだろう。そしてその固有名詞の人なり会社が
何を求めているかをしっかり理解して自分ができる
ことを通して商品にしていく。

そんな感じなんじゃないだろうかと思います。
中途半端なプロファイルをやめて「固有名詞」で
ターゲティングし、その会社に買ってもらえる商品
を作っていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「類似品」1583
ほとんどの場合粗悪品です。世の中で粗悪品がかっ
た例はない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
オリジナルとして質を上げていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3039

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年9月16日 22:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「売れるために必要なものとは?」です。

次のブログ記事は「交渉してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ