ネットの口コミって本当ですか?

今日もちょっと20年採用を意識した内容にしています。
少し前に長男に

「ISO総研」って検索すると
「違反」

って出てくるけどこれって何?
と聞かれました(笑)。
私は

「おお!すごいな!そんなことも調べられるように
 育ったか」

と伝えました。それから

「そうだね、まだ規模が小さい頃はグレーゾーンというか
業界の曖昧な部分をやっていた時もあったかな」

と伝えたあと

「大事なことは気になったことはちゃんと本人
に聞くことが大事で自分で相手から話を聞いて
その人は本当のことを言っているか嘘を言って
いるか、どんな雰囲気か、騙しそうかみたらいい
よ」

と付け加えました。
これまであんまりネットの書き込みについて意図的に
書いてきていませんが、一応は見てます。
ただそれに反論するのとかは正直アホらしく、それなら
粛々とお客様と向き合い、成長していくことが一番の
弊社の姿勢を示すことになるかなと思っています。
ある意味業界ナンバーワンだから仕方ないです。
逆にうち以外に悪口書かれている業界の会社ないし(笑)。

そんなことはどうでもよく、結局ネットの買い込みなんて
あかの他人が書いたものでしかないと言うことです。

確かなことは師匠の教え通りで

「現地現物現場」

で自分で見て聞いて確かめて判断すればいいと思います。
ただ一定数の見込み客や求職者がネットの口コミで弊社
と離れる判断をする時がありますが、所詮ネットの口コミ
で離れるのであれば、いずれ離れるわけで、現地現物現場
で自分で確かめもしない人と長く付き合うつもりがないので
一向に構わないと思っています。

結局弊社が業界ナンバーワンでもシェア100%になるわけ
でもないですし、そもそも私も癖がある人間だと思ってい
るので万人受けするとも思ってませんから。

100人に1人、または1000人に1人でも一緒に会社で働こう
パートナーとしてやっていこうという人やお客様がいたら
いいと思ってます。

ただ求職者にしても弊社を使おうと思う見込みの会社様も
ネット検索はしっかりしていただくのが正しいと思ってます。
そして情報を掴み、それをぶつけ、真偽を確かめる。
そんな姿勢で来てもらえたら嬉しいです。

私も最近ちょっとずつ現場を増やしていますが、お客様
をもっとしっかり調べ、業界のことを少しでも知り、向き
合いお客様のお役に立てる何かを一緒に探せるようになっ
ていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「リスク」1567
ないと発展しない。頑張らない。役所はつぶれる心配
がないから毎年経費が増え続ける。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
リスクを認識し危機意識で経営します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3035

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年9月12日 20:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワハラはありますか?」です。

次のブログ記事は「havetoからwantotoへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ