実験しないとコンサルはつまらない

そう思うのは私だけでしょうか。
現場でコンサルとして自分のリスクをなくす
ためにお客様に負荷をかける。確かに安全かも
しれないけどそれはうちのコンサルスタイルじゃ
ない。

コンサルのノウハウだったら個人で戦っている
コンサルの方が高いに決まってるし、覚悟も決
まってるから負けちゃう。

うちが負けちゃダメなのは

「お客様のためにならない負担をかけない」

ことだ。
当然やらないといけないことはあるんだから
それは負荷がかかろうと何だろうとやっても
らう必要があるけど、だいたいは現状をヒア
リングすればやっていることを見つけられる。
見つけられないのは自分のヒアリング能力が
ないから。

実験させてもらえないのはお客様と信頼関係を
作れてないことと、自分の技術が低く、境界線
の見極めが理論上わかってないからだ。

長時間働いてふらふらして楽しむ?コンサル会社
の時代もあったが、今は違う。
規格と向き合って、お客様と向き合ってする
コンサルをして楽しんでほしいな。

午後から2件の現場は老体には答えるけどビジネスを
ガチッとやっている社長2人に会えて確実に大きな
刺激をもらった気がします。

私も会う人に刺激を与えられるように自分を磨き
成長をさせるとともに、まだまだ現場に行こうと
思います。

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「横展開」1547
他部門で成果が出ていることを、自部門にも
取り入れて成果を上げる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
他社の成果が出ていることを、横展開します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3030

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年9月 7日 20:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「絞る」です。

次のブログ記事は「モチベーションが上がった長男」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ