A評価は自分で選んでいる

今日は1G2GのA評価呑みだった。
A評価をとったメンバーなだけに
雰囲気もいいし、楽しいし、店の
セレクトもバッチリだし、予算の
越え方もちょびっとだし(笑)で
よかったよかった!

という感じだった。
かといってただ楽しく飲んでるだ
けじゃなくしっかり質問を3つ
みんなができていて、それぞれ
色がありそれも面白かったよ。

A評価を取れるのは全体の30%

つまり今の評価に満足しているのも
30%だ。

師匠の本:仕事ができる人の心得
---------------------------------------------
「A評価」(0150)
不満を言っている人にはとれない
---------------------------------------------

とある。
不満を言うのは自由だが、結局それで
損するのは自分というだけの話だ。

社会で生きている限りどうやっても
自分の思い通りにはいかない。
必ずなんらかの不満や不平がある。
そして理不尽なこともあるし、不平等
なこともある。

いろんな出来事にどう向き合うかで
評価が分かれるんだろう。

つまり評価はされているのではなく
自分で選んでいるという自覚があるか
どうかかもしれない。

私も経営者としてA評価を取れるように
自分でA評価を選択し、取れるように
行動していきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「歴史」1593
戦略を立てるための教科書です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
歴史を学びます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/3041

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年9月18日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「交渉してみる」です。

次のブログ記事は「2回目に会う機会としてのゴルフ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ