ニューヨークは隙間がどんどん埋まる

ニューヨーク視察が続いてます。
流石にビジネスの展開が早いです。
事例で教わったことを少しシェアすると
UBERとタクシーの間のシェアかービジ
ネスがあるとのこと。

またホテルと民泊の間のビジネスも
できつつあるとのこと。

今日の午後ワールドトレードセンターで
聞いたビジネスは動画とテキスト文字の
間の「音声」でフィットネスのサポート
をしている。

音は注目されている一つでアマゾンのアレクサ
やグーグルエコーが出ている。それらと連携
もあるようだ(まだ日本には入ってきていない)。

次から次と生まれるビジネスは既存のビジネスの
隙間を埋めるように誕生してきている。

ニューヨーク、アメリカだからこそその大きな市場
があるがゆえに成り立っているとも言えるのかな
と思って聞いていた。

ただビジネスの切り口として隙間に置いてけぼ
りにされたニーズは確実にある。それを見つけビジ
ネスに展開できるかどうかかもしれないとも思った。

日本の中の隙間のビジネスを考えてみます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「忠誠心」1055
会社の業績が悪い時でも従業員を守らないと
育ってこない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
従業員を守ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2940

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年6月 8日 11:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本での経営者でよかった」です。

次のブログ記事は「アメコミの会社ってどんな会社?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ