日本での経営者でよかった

今日は午前中はニューヨークを中心にゴーゴー
カレーを展開している現地社長から話を聞き、
午後はキャッスルホテルを展開している現地代表
から話を聞いた。

二人の話を聞いた経営者仲間は

「いやー日本で日本人と会社をやれててよかった」

と思わず言葉を漏らした。

外国人のルーズさ
外国人の離職の速さ
外国人とのミスコミュニケーション

日本では想定の範囲を超える勢いだ。
逆にいうと日本人の経営者は

日本人のきっちりした働き具合
日本人のロイヤリティの高さ
日本人だからこそ伝わるコミュニケーション

で従業員に甘えているとも言える。
だから世界の厳しさを知ったらとんでもない
となるんだろう。

とりあえず日本人と日本で経営できている
ことに感謝します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「着手半分」1050
物事に実際に着手したら、半分(5割)は
出来上がったも同然です。あれこれ考える
だけで、なかなか手がけない人も多い。
着手すべき点を早く見つけ、まずはとり
かかることが大事です。イヤな思いを
したこごがない人はやらない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
着手します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2939

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年6月 7日 10:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コアバリューを意思決定にする」です。

次のブログ記事は「ニューヨークは隙間がどんどん埋まる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ