コアバリューを意思決定にする

ニューヨーク2日目です。
今日は午後からサステナブルな食という切り口で
寿司をはじめとした飲食店を展開している企業
から話をお聞きさせていただいた。

コアバリューが

「サステナブルな食を使っていく」

という非常に崇高な思いで経営されているだけに
経営幹部だけでなく現場までコアバリューが浸透
していることが非常に大事になって来る。
その辺の話が非常に感銘を受けた。
サステナブルかどうかを決める基準の団体がある
らしく、あるとき突然うなぎはサステナブルな食品
ではないとなったとのこと。
飲食店での年間のうなぎ関連の売上が約10億で
在庫として1億程度あったとのこと。

そこで講演者から

「あなたならどうしますか?」

と聞かれた。
うーん、私ならとりあえず売り切っちゃうかなと
考えていました。
しかしここではそうならず、30秒で経営幹部の
会議で

「売らない」

と決まったとのこと。
結果としてその年の売上は増益だったとのこと。
うなぎは実は原価率も高く、その分他の食が売れ
カバーした。
さらにうなぎの在庫は競合が在庫金額以上で買い上げ
たとのことで全て良い方になったとのこと。

結果は別にして在庫1億、売上見込み10億以上を一瞬で
意思決定できる経営幹部のコアバリューの共有って
すごいと感じました。

弊社だとどちらかというと経営理念が事業ドメインだ。
特に1番上の「お客様の生産活動の最大化」がこれに
あたるんだろう。

意思決定の際に経営理念通りかと経営陣が考えている
だろうか?

私でさえまだまだかもしれない。

まずは私が事業を進める際に経営理念を振り返り
意思決定するようにしていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「知識」1044
普通にあればよい。どんなに知識があっても
実行されなければ意味がない。なまじ知識が
あると不幸です。なければならないのは、知恵
です。行動が伴わないとお金にならない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
知識をもとに行動します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2938

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年6月 6日 11:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「視察の受け入れに感謝」です。

次のブログ記事は「日本での経営者でよかった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ