三流、二流、一流への接し方

個別面談で

「まるまるさんをどう動機付けして育成したら
いいかわかりません」

と相談された。
私の基本的な考え方は元楽天の監督だった野村
監督を真似してやっているつもりだ。

「三流は無視、二流は賞賛、一流は批判」

私なりに現場の感覚も踏まえて解釈すると

三流は結局考え方が三流でそれを変えるのは
相当難しい。力を注いでも響かない。だから
無視というよりも優先順位として下げるイメージ。

二流はまだ褒められる経験が少なく、成功体験
も少ないから褒めて行動させ、成功体験を積ませ
て一流に近づけさせる。

一流は思考はいけてるけど野心がまだまだ低い
ので上をしっかり見据えてまだまだ頑張れるこ
とを共有し、自分で自分を磨かせる。

思い出すのは船井総研時代の上司がお客様を
選ぶ基準だ。
ある一定レベル以上の売り上げを作れていない
会社は付き合わないか、研究会に入れろと言われた。

ある一定レベルの売上を作るだけの力や思考がな
いとコンサルをしても伸びないから結局自分の実
績が傷つくだけ。
そしてそんな伸びない会社のトップほど悪口を
広めたりされる。

船井総研の伸びる社長の条件は

「素直、プラス思考、勉強好き」

だった。
結局経営でうまくいくなんて、スポーツでプロになる
よりだれでも言われたこと(勉強したこと)を素直に
行動し、プラス思考で取り組めばある一定上はいっ
ちゃったりする。
行かないのは当てはまっていないからだ。

と改めて思う。

話を戻して「丸丸さん」はどれに当てはまるかだ。
自分が力を注ぐ甲斐があれば注ぐし、注いでも
響かないのであれば注がない。

そして私も改めて

「素直、プラス思考、勉強好き」

になり、高い野心を持ち学んだことを一つでもプラス
思考で素直に行動し強かな会社にしていけたらなと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「設備」0916お客様に正しいサービスを行うために
整える。積極的にスクラップアンドビルドを行う。
優れた武器でも、状況が大きく変化すると足手まとい
になる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
設備を整えます。もっと加速させたい

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2912

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年5月10日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わらしべ長者は誰だ!:新卒対抗天下一大会2018 vol.2」です。

次のブログ記事は「イライラする、あの日から」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ