何回言えば伝わる組織か?

早朝勉強会では勉強会後にいくつかの
共有事項の告知が行われることが多い。
月2回参加が評価の最低ラインなので
一応4回伝えたら必ず1回は告知される。

しかし大抵伝わっていない。
肌感覚では6割も伝わってないなと感じ
る。

今までこれが当たり前の光景だったが
今日突然

「そんなに告知しないと伝わらないものか?」

と思い出した。
そして、強かな組織ほど少ない回数で伝わる
んだろうなと。
あとは何度も伝えると言うことは従業員を
甘やかしていることだし、甘やかすと育たない。
失敗をやらかさないと結局学ばないから。
失敗しないようにしてしまっているなと感じた。

つまり何度も伝えないと伝わらない会社ほど
脆弱で、伝える回数を増やせば増やすほど弱く
なるのではないだろうか。

伝える回数を減らすのは正直一旦伝わらなくなる
覚悟をしないといけないから怖い。
しかし強かな会社を目指すなら少しずつでも
伝える回数を減らし、理想的には1回伝えたら
伝わる会社になれたらなと思う。

徐々に伝える回数を減らします。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「序列」0808
固定的なものではない。トップの価値観が変わると
序列も変わる。能力のないトップはなかなか序列を
変えない。
 
CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
序列を変えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2892

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年4月20日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悔しさが気持ちいい」です。

次のブログ記事は「数える、経営もダイエットもゴルフも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ