実現したいのはライザップじゃない

気づくのが遅かったかもなと改めて
思ったんですが、ゴルフで100を切り
たいのは私であって、ライザップじゃ
ないということ。

主体は誰かとうことだ。

つまりライザップに行ったから100を
切らせてもらえるという発想じゃなく
100を切るためにライザップに行くん
だけど、それでもイメージできないと
きは、自分で考えライザップ+αを
しないと行けなかったなということ。

ライザップ任せじゃだめだということ。

仕事でも一緒で
コンサルはあくまでもサポーター。
主体はお客様だ。
お客様がどうしたいかをお聞きし、サポート
するのがコンサル。
だからこそパートナー型のコンサルであれば
お客様の話しをお聞きするのが大事。

ウェブデザインに関しても同じだ。
お客様が主体でデザイナーはあくまでも
実現するための製作者だ。

お客様の話をお聞きし、全体像を描くのは
またコンサルでもなくデザイナーでもなく
プロデューサーという立ち位置だろう。

お客様は専門的なことや今の傾向については
しらないことがほとんどだ。専門知識を持ち
お客様の要望を達成するためにコンサルやデ
ザイナーを使って描く役割だ。

どの立場でお客様と接しているだろかとコンサル
やウェブデザイナーは考えてほしい。

私はゴルフで来週の勝負に勝つために自分を
プロデュースし、勝てないまでも肉薄する戦い
を演じられるように、いや勝つくらいの意気込
みで臨みます!

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「集中」0749
やらないことを決めることです。二兎を追わない。
二足のわらじを履かない。窓口をできるだけ小さく
して、長い時間をかける。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
やらないこと、使わないクラブを決めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2881

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年4月 9日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悪あがき大量行動」です。

次のブログ記事は「革命」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ