カゴメ

カゴメの株主になって約15年くらいだろうか。
トマトジュースが好きという理由だけでずっと
持ち続けている。
先日定時株主総会招集のご通知が届いた。
中にはいろんなことが書かれているが
長期ビジョンが気になった

「トマトの会社から野菜の会社になる」を推進
して「日本の野菜不足をゼロにする」

だ。
カゴメといえばトマトジュースというイメージは
すでにないかもしれない。私は大好きだが。
野菜ジュース、野菜の会社というイメージがしっ
かり定着してきているのではないだろか。

一度イメージがついた事業フレームを変えるのは
相当難しいといつも感じている。
例えばうちがISOの会社から例えば経営コンサル
の会社になるとすれば5年から10年はかかるだろう。
いやもっとかな。

カゴメは長い年月をかけて事業フレームを一つ
大きくすることができた会社ではないだろうか。
そしてさらにそれを推し進めようとしているようだ。

うちの会社もどこかで事業フレームを変えていく
時期が来るだろうし、私としても変えていけたら
と思う。

さあどんな事業フレームになるだろうか。

カゴメの同じページには

「環境変化をいち早く察知し、、、、」

とある。
私も業界、またはビジネスの環境の変化を察知し
事業フレームを変えていけるようになれたらと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「事業」0626
公共や不況の波を超越して、長期的視野に立って行う。
事業の本質は市場活動です。いつでも、新しい成長分野
へ進出していくことが大事です。旧態の利益の少ない分
野でどんなに頑張ってもダメです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
新しい成長分野へ進出します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2853

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年3月12日 22:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴールイメージ」です。

次のブログ記事は「IT活用とスピード経営」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ