ゴールイメージ

経営計画書の写経があと1時間で終わる
と思ったら思わず時間を作って書いてし
まった(1時間30分かかったけど)。

逆算してゴールが見えたり、ゴールイメー
ジが沸いたら思わず頑張ってしまうところ
ってあるし、なにより自分が安心する。

昨日次男にカッコ悪い罰としてリフティング
を課したが、うだうだしていてあまり進まな
かった。
寒くなってきたのであと

「5回チャレンジで150回が1回できたらい
 いよ」

というと急にやる気を出して目標の400回
を超えることができた。

ゴールイメージとかやれるかもと人に思わせる
のって大事だなと思う。それが自分でも他人でも。

弊社では月1分ずつ退社時間を減らしている。
現在は19時31分。
今年の12月には19時22分だ。
誰でも退社時間を1分減らすことくらいはできると
思う。それが積み重なって大きくなるのだが。

コンサルはお客様にゴールイメージを提供できて
いるだろうか。
今佐藤飛さんに求めるのもゴールイメージだ。
竹嶋さんはいつも

「大丈夫っす」

しか言ってくれないが、大丈夫っすっていわれる
のが一番心配だって知ってるだろうか。

私も今年のビジネス的な側面に関してはゴールイメー
ジを再構築し直そうと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「時間」0621
お金のように貯金ができない。蓄積も相続も
できないから、誰しもが唯一の対等場面です。
過ぎた時間は取り戻せない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
時間を大切にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2852

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年3月11日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どうなったら100点か?」です。

次のブログ記事は「カゴメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ