スペイン語メニューしかないレストランチャレンジ

スペイン語メニューしかないレストラン
スペイン語しか通じないウェイターの店
メニューには文字しかなく写真がない。

そんな店に入って注文、食事をしてきました
ので報告します。

1)マドリードの方が英語への対応が弱い
  (気がする)
2)全く会話ができない
3)「アグア」=水を長男が知っていたので
  とりあえず水とガス入りの水は頼めた。
4)メニューを渡されたが、わからない
5)頼んでないが「かじる」という表現が適切
  なパンが出て来た。
6)バルセロナの方が写真付きのメニューが
  多い
7)隣の人と同じものをとりあえず頼んだ
  (イカ墨のパエリアみたいなの)
8)私の隣の人の料理はもうないと言われた
9)Google翻訳を使って「イカ」だけ書いて
  イカリングみたいなのを注文した。
10)ミルク入りコーヒーを頼んだが、エスプ
  レッソが来た

番外編:今日のランチ
今日のランチもふらっとお店に入った。
1)カジュアルなカフェに入ったつもりが隣
  のめっちゃきれいなレストランに通される。
2)まだ頼んでいないが、ふわふわしたおかしみ
  たいなのが出される
3)英語メニューがあった
4)パスタを食べたかったがなかった
5)店員さんに「パスタを食べたい」というと
  メニューにないが作ってやると言われた!
6)肉のパスタと魚のパスタと選べと言われた
7)トマトかクリームが選べと言われた
8)頼んでいない前菜が出てくる
  ツナと何かのスープ
9)牛肉と平打ち麺で緑色のトマトパスタが
  出された
10)パンはスペインに来てから一番うまかった
11)値段を見た長男が
  「くら寿司なら一人30皿食えるのに」
  と呟いた。

雑感
1)マドリードは日本食レストランが多く、寿司
  はくら寿司よりはうまいレベルが食べられる
2)日本食レストランはかなり人気で昨日はカウン
  ターしか座れないほどだった
3)テイクアウトで寿司を買っていく人が相当数
  いた
4)良くも悪くも都会的なマドリード
5)英語のヒアリングはほとんどできないが、と
  りあえず伝える気持ちと知ってる単語で英語
  はなんとかなりそうだなと感じた。ヒアリン
  グはできないけど
6)マドリードでクレジットカードが使えない
  タクシーがありビックリした。

英語のヒアリングをもうちょっとなんとかしたい
と思いました。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「最小限」0578
人員を減らしてから仕事を考える 。
どうでもよい仕事が自動的になくなる。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
人を減らします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2841

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年2月28日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AVE乗車報告」です。

次のブログ記事は「お客様とライバルの変化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ