一流はパクり徹底する

「あの集客の文言、俺が考えたのに
パクられた!」

と古江さんが先日の帰り際に私に
言った。

あーそうだったんだと思うと同時に
そういえば師匠の会社も弊社にパクリ
に来て、いくつか実践されていたこと
を思い出した。
そしてその次の思考は

「きっとオリジナルのように使い倒し
ノウハウを販売したりするんだろう」

と思った。
一流は二流の会社でも良いところを見つけ
パクリ徹底度で勝ちにくる。
そもそもの徹底度が上だから、一流は二流を
速攻で置き去りにし、自分たちのものに
消化、昇華していくんだろう。

じゃあうちの会社はどこまで他社をパクれて
いるだろうか?
徹底度は?

うーん、パクってるものは師匠にお金払って
パクらせてもらってるものばかりだ。。。

徹底度もまだまだ。

一流の強かな会社とまだまだ二流の我が社の
違いをまざまざと感じた。

一流のパクる技術と一流の徹底度の両方を
磨き上げることによってようやく強かな
会社になる。
パクる技術だけでは徹底度で負けてしまう。

パクる技術と徹底するスキルを日々磨き上げ
ていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得(第3版) 
「経常利益」0457
黒字も赤字も社長の決定しだいです。
赤字になったのは、社長が赤字になっ
ても良いと決定し、対策が遅れたから
です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
黒字にする決定をしていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2819

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2018年2月 6日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あっぱっぱー報告をしに!」です。

次のブログ記事は「うれしはずかしバレンタイン企画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ