成果が出ている人の共通点

東京のコンサル進捗会議に参加していた
最年少27歳で部長のIさんと、下期から
課長になってノリに乗ってるHさんに

「今日のアウトプットは?」

と聞くと

Iさん
「Hさんを真似していきます」
Hさん
「部下の仕事を減らします」

とのこと。
2人ともできる20代だけあってアウトプット
がめっちゃ具体的だなと思いました。
だからこそ最年少で部長になれて
だからこそ今ノリに乗れているんだろう
と感じました。

そう、結局できる人は行動している。
できる人は「やるだけ!」ということを
わかっている。
そして成果が出ない人は

「やってない」

というシンプルな原理原則を理解しているんだろう。
成果が出ていない「やってない」人に限って

「いややってるのにな、やってないとか言われて
心外」

とか思っていたりするから厄介だ。
王貞治さんは

「努力は必ず報われる。報われないのは努力していないから」

と言っている。
王さんは努力家だ。畳を何枚もすり減らして
バットを振り続けた。
そして世界一のホームラン王になった。
そんな人のことだだからこそ含蓄がある。

私も成果が出るまで、努力します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「カンニング」0269
学生時代に自然と習得できる技術です。成績
のよい会社の社長・部長は、この技術にたけ
ている。よい会社に行って見てくる。物事を
覚えるテクニック

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
カンニング上手になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2687

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年9月26日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「柔軟性」です。

次のブログ記事は「外部リソースを使っていく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ